2014年05月05日

今日の落とし物コーナー

20140504_155836.jpg20140504_155904.jpg
今日の落とし物コーナー・真相編その2

その1から時間が空いてしまいました。すみません。
真相を探っている内に当局から目をつけられ、身を隠していたのです。大うそ。
今回は落とし主本人への直撃インタビューをお届け!

・アトリエ凹凸は来年で創立40年を迎えます。いつ頃からコレを?
「かなり昔からやねぇ。覚えてないわ。」
・コレをしだしたきっかけを教えてください。
「作業する時うっとおしかったからねえ。それ以外の何でもないね。」
・この素材に至ったお話しをお聞かせ頂けますか?
「最初はヒモだったんよ。ある日からこれがいいなと。」
・その素材の良さってなんでしょう。
「便利だから。軽いし。違和感ないのよ。だからしたままで外にも出る。」
・あ、だから落とされたのにも気づかなかったと!
「そういう事やねえ。
 なくしたりするから、ストックがある訳よ。(現在落ちていたのが見つかって3つ)」
・違和感ないんですか…。
「してみますか?」
・えっ!? いっいえっ、恐れ多いですっ!
「結び目が当たらないように、外側に作ったりね。ちっさくするね。」
・はあ〜、こだわりがあるんですねぇ。
「してみますか?」
・いっいえいえっ!
「わー、これはいいわ、私も使おーってなるかもですよ。」
・………(手に取る)。ハッ!いやいやいや、無理です無理です、
 ワタシには恐れ多過ぎですっ!
 (気を取り直し)ご自分ではコレの呼び名ってありますか?
「コレ?おまへん!」
・コレの長所と短所をお聞かせください。
「別に…まあ安いよね。」
・そういえば以前、私が額装してて、
 額についていた針金を捨てようとしたら、
  “これいいねえ”と言って持っていかれた事がありました。
「まあついでの時に買ったり、お金もかかってるのよ。」
・今後コレに対する展望などありましたら。
「おまへん!ブロンズで作るとかですか?」
・凹凸バブルが来たら、作ってくださいよぉ〜。
「絶対ないです!ないわ!」
・絶対ないって言わないでくださいよ…。

どうでしょう。コレが何か。見えてきましたでしょうか。うっすらと。
凹凸バブルがあるのか絶対ないのか。新たに気になるところです。

写真は「コレ」を横目に、熱く語るK野立生氏。

interview & text by m.chicamatsu photo by K.Higashi
posted by 銅版画工房アトリエ凹凸 at 01:23| 日記